ハーレクイン・クラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

イブのりんご (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブレイクと私が結婚?冗談じゃないわ!そりゃあ彼は有能なパートナーで、親友とすら思っているけど。だって両親も親友同士だし、私たち昔は一緒にお風呂に入ったこともあるのよ。今さら結婚なんて考えられないわ―幼なじみとの縁談を笑いとばしていたジアンナだったが、絶世の美女ミーガンの出現に、事態は思わぬ方向に展開した。今まで女性にほとんど興味を持たなかったブレイクが、ミーガンにはすっかり夢中になってしまったらしい。喜んでいいはずのジアンナの心は、にわかに波立った。こんなつもりじゃなかったのに…。

謎の愛人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
フィネラは両親に顧みられずに育ち、世界じゅうを渡り歩いてきた。ここまで彼女を支えてくれたのは、アレックス叔父とジーナ叔母。最近、叔父の持つテレビ番組の視聴率が著しく落ち込んでいる。このままでは番組が打ち切られ、叔父のキャリアも危うい。そこで、ジーナ叔母が苦肉の策を思いついた。アレックスが若い女性を連れ歩き、スキャンダルをでっち上げれば、世間の関心と視聴率を取り戻せる。テレビ局も考え直すだろう。フィネラは叔父の愛人役をつとめ、マスコミの注目を集めた。当のテレビ局の持ち主で、巨大メディアの総帥ソール・アッカーマンが、いたくフィネラに興味を持ち、急にアタックしはじめた。フィネラも初めからソールに激しく惹かれる自分に気づいたが、彼は完全に誤解している―私を、札束を積めば買える女だと。

内容(「MARC」データベースより)
叔父の持つテレビ番組の視聴率を取り戻すため、フィネラは叔父の愛人役を演じてスキャンダルをでっち上げ、世間の関心とマスコミの注目を集めた。だがテレビ局の持ち主ソールが、彼女に興味を持ちアタックをしてくるように…。

愛に満たされたら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セブンは両親亡きあと、ジェーン伯母の元に身を寄せている。世間には自分が霊能力者だということは隠しているが、時々襲ってくる奇怪なイメージや不安感はどうすることもできない。ジェイク・ジャクソンが家に押しかけてきたのも、突然ひらめいた霊感のせいだった。六年前に行方不明になった彼の娘レベッカはまだ生きていると伯母に話したところ、伯母がジェイクの母にそれを伝えたのだ。「でたらめな情報でおふくろを動揺させないでくれ」ジェイクの剣幕にセブンは茫然と立ちつくした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ネーピア,スーザン
バレンタインデー生まれ。生まれながらのロマンス小説家と言える。ニュージーランド、オークランドでジャーナリストとして出発。ハンサムな上司と結婚したのち小説の執筆を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

偽りの結婚指輪 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
夜間のフランス語のクラスから帰る途中、ハナはクラスの男に迫られ、走っている車から飛びおりて、ようやく家に逃げ帰った。夫のイーサンも、ハナのひどい格好を見て、顔色を変える。もともとハナは、弁護士であるイーサンの屋敷の子守りだった。子供たちの母親キャサリンは数年前に落馬事故で世を去っていて、愛情に飢えた子供たちが献身的なハナに心を開くのを見たイーサンが、わが子のために形だけの結婚を申しこんだのだ。彼の提案は、イーサンをひそかに恋していたハナにはショックだった。しかし子供たちのことを思い、ハナは結婚の同意書にサインをした。彼の気持ちは、亡き妻の思い出とともにあるんだわ。フランス語の勉強も、愛情のない結婚生活の中で自分を救うため…。だがこの事件以後、ハナを見るイーサンの目に変化が表れた。

内容(「MARC」データベースより)
夜間のフランス語のクラスから帰る途中、ハナはクラスの男に迫られ、走っている車から飛びおり、家に逃げ帰る。わが子のために形だけの結婚をした夫のイーサンだったが、この事件以来ハナを見るイーサンの目に変化が表れた…。

近くて遠い人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャシーは妻ある上司への思いを断ち切ろうと会社をやめた。ちょうどそのころ、クォントラル産業会長秘書の求人広告を目にし、彼女はすぐに応募書類を郵送した。そして二度の面接試験にもパスし、入社してから二週間がたつ。もっとも会長自身は出張中とかで、まだ一度も会ってはいないが。いよいよ今日はその会長に会える―そう思ってキャシーは気負いこんで出社した。ところが、会長は彼女が新しい秘書だと知るや否や、「なんてことだ!」とたたきつけるようなひと言だけを残し、部屋から出ていってしまった…。

内容(「MARC」データベースより)
キャシーは妻ある上司への思いを断ち切るため会社を辞めた。新しい職、会長秘書となって2週間。やっと会長に会えると思ったが、会長は彼女が秘書だと知ると「なんてことだ!」と言い、部屋から出て行ってしまった。

愛に満たされたら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セブンは両親亡きあと、ジェーン伯母の元に身を寄せている。世間には自分が霊能力者だということは隠しているが、時々襲ってくる奇怪なイメージや不安感はどうすることもできない。ジェイク・ジャクソンが家に押しかけてきたのも、突然ひらめいた霊感のせいだった。六年前に行方不明になった彼の娘レベッカはまだ生きていると伯母に話したところ、伯母がジェイクの母にそれを伝えたのだ。「でたらめな情報でおふくろを動揺させないでくれ」ジェイクの剣幕にセブンは茫然と立ちつくした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ネーピア,スーザン
バレンタインデー生まれ。生まれながらのロマンス小説家と言える。ニュージーランド、オークランドでジャーナリストとして出発。ハンサムな上司と結婚したのち小説の執筆を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

恋は甘い毒 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャサリン・ランバートはロンドンに住む投資アナリスト。快適な家とよい仕事にめぐまれ、一見落ち着いた暮らしぶりだが、晴れやかな毎日とは言い難い。離婚して二年たつのに、前夫との結婚生活への思いがふっきれない。その一方で、もう結婚はこりごり…と思う。そんな二つの心をもてあまして、愛猫を相手に、引きこもりがちの日々を送っている。ところがある日、すてきな人が来るからと強引にディナーによばれた。モーガン・リンチ。アメリカ大使館員で独身。離婚歴あり。心は少しも弾まない。でも、なんだかいわくありげな男性みたい。

内容(「MARC」データベースより)
キャサリンはロンドンに住む投資アナリスト。離婚して二年たつのに前夫との結婚生活への思いがふっきれない。その一方で、もう結婚はこりごり…。ある日すてきな人が来るからとディナーに呼ばれた。アメリカ大使館員で独身。何かいわくありげな男性みたい。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

シンデレラの罠 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
人々のざわめきと活気に満ちたホテルの開館パーティーの席上、一流モデルのクリアは一人物思いにふけっていた。もうすぐ、このホテルのオーナーのマットが姿を見せる。彼は私が九年前のあの太った小娘だってことに気がつくかしら?まだ十七歳の頃、兄の友人であったマットに、容姿についての心ない言葉で傷つけられて以来、美しくなることがクリアの人生の最大の目標となった。そして今、彼女は見違えるくらい魅力的な女性に変身していた。再会しても、クリアが誰であるか、マットがわからないほどに…。誘うようなマットの目を見て、クリアはある復讐計画を思いつく。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウォーカー,ケイト
イングランド中部ノッチンガムシャーの生まれだが、ブロンテ姉妹の生地ヨークシャーで育った。ウエールズの大学、大学院に学び、ブロンテ姉妹の研究で修士号を取得した。学生時代に知り合い結婚した夫との間に息子が一人。刺繍や編み物が趣味(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

駆けぬける青春 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十九歳のキットは、このところさまざまな心の揺れに戸惑いぎみだ。大胆で情熱的な経験に憧れ、体の奥にうずきを感じる。何ごとにも好奇心いっぱいのキットだけれど、母にはいぶかられ子供のころからずっと気立てのよい妹と比較され続けてきた。それでも父は“おまえは完璧だよ”と優しく言う。過去に何があったかは知らないが、父はある時すべてを捨ててこの熱帯雨林の中の芸術家村に移り住んだと聞いている。すばらしい環境―すぐ近くに広がる砂浜がキットの大好きな場所だ。母には叱られるのに、いつもビキニのトップを取って日光浴をする。その男性に出会った朝も、キットは無防備な姿で太陽を浴びていた。

裏切りの結末 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
それは一本の電話から始まった。夫の浮気を告げる一本の電話。レイチェルの世界は音をたてて崩れていった。仕事で忙しくしているとばかり思っていた夫が毎晩、女と出歩いていたなんて。だが、そう言われてみれば、思い当たる節はあった。寒々しい夫婦生活、スーツにかすかに漂う香水の香り、幾晩も家を空けた日々。レイチェルは絶望に襲われ、同時に、鏡の中の疲れきった自分の姿に愕然とした。幼妻として結婚して七年。子育てに追われ成長しないでいるうちに、夫は変わり、家の外で別の生活を楽しんでいたのだ。帰宅した夫は、妻の疑いを否定しようともしなかった…。

内容(「MARC」データベースより)
それは夫の浮気を告げる1本の電話から始まった。レイチェルの世界は音をたてて崩れていった。仕事で忙しくしているとばかり思っていた夫が、毎晩、女と出歩いていたなんて。レイチェルは絶望に襲われ…。

{鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {高収入バイト情報} {GOGO!江戸川区!} {千葉の印刷なら千代田印刷} {美容外科} {電子たばこ} {東京ぶらぶら} {アキバ中毒のページ} {墨田区紀行} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東紀行} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {鶯谷・うぐいすだに} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}
{SFまんた} {司馬遼太郎〜歴史・時代小説}

ooo対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo GOGO!江戸川区!ooo 山手線エリア~おすすめの定食屋~ooo ひんやりooo ビバ!プリプレスooo 使えるフリーメール比較ooo 千葉市の公園・行楽地探し・週末家族でどこにいこう!ooo リネージュIIクロニクル4ooo デジモク-DIGIMOKU-ooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo 千葉野菜王国ooo 美容.コレクションooo おそれ入谷の鬼子母神ooo パンマニアーナ@千葉市ooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo 東京ぶらぶらooo オーガニック千葉A GO GO!ooo 千葉っ子の初詣情報!!ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 東京都台東区根岸を紹介するページooo