ハーレクイン・クラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

最後の選択 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ケリーと祖父は、羊牧場メアリアンパークの敷地内に住んでいる。持ち主のヘンリー・ロイドと祖父は親友で、何十年も前に土地の一部を譲り受けたのだ。だが、法的手続きはとっていなかった。そのためヘンリーが急死すると、メアリアンパークを買った男が立ち退きを迫ってきた。そんな折も折、ケリーは物理療法士としてその男ジャスティンの治療に出向くことになった。この機会を利用して、祖父の土地を守らなくては!彼と対面したとたん、ケリーは野性的な魅力に一瞬ひるんだ。前にどこかで会ったような気がする…そんなはずないのに。

内容(「MARC」データベースより)
ケリーと祖父は、羊牧場メアリアンパークの敷地内に住んでいる。だが、持ち主のヘンリーが急死すると、その土地を買った男が立ち退きを迫ってきた。そんな折、ケリーは物理療法士としてその男ジャスティンの治療に出向く-。

恋した人の名は… (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
私はいつしか夫を…ブレイクを愛していた!夫の乗った飛行機が行方不明になったとき、ジュリアーナは初めて自分の心に気づき、愕然とした。裕福な暮らしと好きな仕事を手にしたかったジュリアーナ。愛されることを嫌い、男を束縛しない自立した女性を求めたブレイク。そんな二人が結婚したのは、互いにとって理想的で都合のいい相手だったからだ。あれから一年…望みどおりの結婚だと思っていた。だが、本心に気づいたジュリアーナは、無事で帰ったブレイクを前に混乱状態に陥った。彼の妻でいたいなら、愛を隠して暮らすしかない。だけど、今までみたいな結婚生活ではもう満足できないわ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな描写で描くことを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

カリブの王国 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
出産直後に手放した我が子の顔を一目見たい。ヴィクトリアは一週間の予定でプエルトリコに旅立った。けれど手元には養父となった男性の顔写真と勤め先の住所しかない。彼の名前はL.R.キャンベル、頭髪の薄い、人のよさそうな中年紳士だ。こっそり自宅を捜し出して、子供が幸せかどうか確かめるだけでいい。ところが、そこは素人探偵のかなしさで、勤め先では警備員とおぼしき男と押し問答のすえ、追い払われるし、翌日、尾行に成功したかと思えば、目の前で逃げられる。おまけに、つい気を抜いて事故に遭い、怪我までする始末。そして、助けに現れた男は…昨日の警備員じゃないの―。

内容(「MARC」データベースより)
出産直後に手放した我が子の顔を一目見たい。ヴィクトリアは1週間の予定でプエルトリコに旅立った。手元には養父となった男性の顔写真と勤め先の住所しかない。その勤め先では警備員とおぼしき男に追い払われてしまい…。

熱砂に燃えて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
写真家としてアラブに取材に行った兄が、反政府組織に誘拐された!その知らせを受けたクリスティ・ダルトンは、兄の救出に力を貸してくれそうな人物に接触を試みた。シーク・シャリフ・ビン・ユセフ・アル=サエド。国際的実業家としてその名を知られたサウジアラビア人だ。だがクリスティには、彼の魅力的で洗練された外見の下に、冷酷非情な顔が潜んでいるように思えてならない。事実、クリスティの必死の懇願も、なんの効果もなかった。そこで彼女はシャリフの不利になる情報を切り札としてちらつかせ、彼と一緒にアラブに行く保証を取りつける。しかし彼の国では、未婚女性は友人とはみなされず、妻か、あるいは愛人を装わなくてはならないという…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ。三児の母。若いころ、秘書学校を卒業してすぐ友人とともに客船で対岸のオーストラリアにわたり、働いてためたお金で車を買って大陸の旅をした。その旅先で二人とも生涯の伴侶を得たというロマンスの主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

二十九枚の銀貨 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一人っ子のジェシカは大学を卒業後、父の経営する銀行に入った。銀行業の基礎を学び、いずれは父の跡を継ぐために…だがその重責と銀行の堅苦しさに息が詰まりそうだった。そんなとき、人生を変える出来事が起こった。銀行が強盗に襲われ、ジェシカが拉致されたのだ。その事件をきっかけに彼女は銀行をやめて田舎に移り住み、今はタペストリーを織りながら一人ひっそりと暮らしている。ある日、ジェシカは村の郵便局に出かけ、あとから来たダニエル・ヘイワードに引き合わされた。そして次に入ってきたのは、覆面をして銃を手にした男だった。

内容(「MARC」データベースより)
ジェシカは大学卒業後、父の経営する銀行に入ったが、銀行強盗に拉致されたのをきっかけに辞め、田舎に移り住んだ。ある日、彼女は村の郵便局に出かけ、あとから来たダニエルに引き合わされた。そして次に入って来たのは覆面をして銃を手にした男だった…。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

危険な嘘 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
タニア・カーターは、子供靴専門の店を開くため、一人娘のルーシーとともに、チェシャーの小さな町に越してきた。ルーシーが生まれたのは十一年前、タニアが十八の時だった。身寄りのない母と子だけの生活は苦しかった。でもこれからは…。念願だった店を持ち、このまま順調にいけば、大事な大事なルーシーに、古着以外の服だって買えるかもしれない。だが、店に現れた町の有力者の言葉で、未来に暗雲が漂い始めた。「義弟とすぐに別れろ。さもないと店の妨害をする」いったい何のこと?身に覚えはないわ。そんなタニアの抗議を、その男ジェイムズは聞こうともしない。

内容(「MARC」データベースより)
念願だった子供靴専門の店を開くため、娘のルーシーとともに小さな町に越してきたタニア。だが、店に現れた町の有力者ジェイムズは、義弟と別れないと店の妨害をすると言う。身に覚えのないタニアは抗議するが…。

謎の後見人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ホイットニーはロンドンの日刊紙『ナショナル』の記者だ。建築業界の大物ベリズフォードと議会の癒着を調査しているが、手を引けという脅迫電話を何度となく受けている。編集長の反対を押しきってベリズフォードと会食をしたあと、彼女は謎の男に捕らえられ、テムズ川の船着き場へ連れていかれた。絶対絶命!そう思った瞬間、目の前に現れたのは新聞社のオーナーで彼女の後見人のホークだった。ホイットニーの身の危険を案じて彼が誘拐劇を企てたのだ。ホークの自家用船から出ることを禁じられたホイットニーは、その夜彼がベリズフォードの一味と密会しているらしいのに気づく。不正にかかわっているのだろうか、わたしの愛するこの人が…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマー,キャロル
三人兄妹の末っ子として英国ベッドフォードシャーの小村で育つ。良きパートナーと四人の息子に恵まれ、マン島に在住。1978年にデビューした彼女がこれまでに執筆したロマンス小説は百冊以上にのぼる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

恋はほろにがく (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ナタリーは大企業の社長秘書として働きはじめて五年になるが、ひそかに社長ケインへの恋心を温めてきた。強引でやり手の彼は黒髪と緑の瞳の持ち主で、男性的魅力にあふれている。しかし最大の欠点は、女ぐせの悪いこと。ナタリーは次々と女性を替えるケインに嫌悪感も抱いていた。それでもなお思いはつのる一方だ。なんとか気持をふっきろうとある日、友人の弟とデートしてみるが、友情以外は芽生えない。ナタリーの陰に男性の気配を感じとったケインは彼女の私生活にまで何かと口出しするようになる。従順な秘書に恋人ができたら、仕事に支障をきたすと思ってるのね。いくら社長でもあんまりだわ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
キャシー,ウィリアムズ
トリニダードの出身で、トリニダード島とトバゴ島、二つの島で育つ。奨学金を得てイギリスに渡り、1975年エクスター大学に入学して語学と文学を学んだ。大学で夫のリチャードと出会い、結婚後はイングランドに暮らす。中部地方在住。三人の娘がいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

情熱に気をつけて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十一年前の夏、十六歳だったケイト・シートンは、コーンウォールの伯母の家を訪れ、そこで出会った青年ジョスと激しい恋に落ちた。十九歳と偽ってジョスと結ばれたものの、彼に妻子がいることを知らされ、その恋は無残に終わった。両親の家に戻った彼女を待っていたのは妊娠という現実だった。やがて生まれた娘も今や美しく聡明な女性に成長し、花嫁になる日を迎えた。式の当日、ケイトに紹介された新郎の親戚は思いがけない人だった。ジョス、二度と会うことはあるまいと思っていた…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
チェシャーに住む主婦作家。学生時代からレジャーにはスポーツより読書を選ぶタイプでハーレクインの前身ミルズ&ブーンのロマンスを愛読していた。結婚後もしばらく大手銀行で働いていたが、現在は家庭で執筆に励む毎日(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

あの幸せな日々に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
オーストラリアとニュージーランドでの講演旅行を終え、フィレンツェの自宅に帰り着いたベン・スコルチェーゼは、郵便物の中にキャスからの手紙を見つけた。乱れた筆跡でフィレンツェに来ている、至急会いたい、とある。キャス―父が再婚相手との間にもうけた一人娘。ベンの義妹だ。だがベンの彼女への愛情は、妹に寄せるようなものではなかった。強烈に惹かれるのをどうしようもない。それはキャスも同じはず。だから彼女に近づかないようにしているのだが…。四年前にキャスは、父親のお気に入りのロジャーと結婚した。夫との間に何か持ち上がったのだろうか。

内容(「MARC」データベースより)
講演旅行を終えフィレンツェの自宅に戻ったベンは、4年前にロジャーと結婚した義妹のキャスから「至急会いたい」という手紙を受け取る。キャスに妹以上の感情を持っているベンは、彼女に近づかないようにしてきたのだが…。

{鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {高収入バイト情報} {GOGO!江戸川区!} {千葉の印刷なら千代田印刷} {美容外科} {電子たばこ} {東京ぶらぶら} {アキバ中毒のページ} {墨田区紀行} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東紀行} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {鶯谷・うぐいすだに} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}

ooo千葉自然公園探検ナチュラル派ooo キャンプに行ってみよう!@千葉ooo メイドの土産.comooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo ちばパラ!千葉県のイベント情報満載中!!ooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo 巣鴨で散策!ooo 山手線エリア~銭湯~ooo 幕張UFOooo 美容.コレクションooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo 山手線エリアで味わえる庶民の味!BQグルメooo 千葉の梨園・梨狩り万歳ooo おやじの聖地、のんべえの街、新橋ooo 千葉とんかつooo 「TaEco」(タエコ)ooo よい街、品川ooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo リネージュIIクロニクル4ooo ダーツ大好き@千葉ooo