ハーレクイン・クラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

祭りの夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
南スペインで映画『危険な真夜中』のロケが行われていた。監督のセブ・コーベルは数々の賞を受賞した実力派で、スタッフも優秀なはずなのに、なぜか撮影中に事故が続発する。何人ものスタント・ガールが仕事をおり、結局、最高のプロであるジョーのところに破格のギャラで出演依頼がきた。彼女は本当は気が進まなかった。主演女優のアンナ・ベスと以前仕事をしたとき、いやな思いをさせられたからだ。だがジョーにはある事情があって、どうしても大金が必要だった。ロケ地に着いたとたん、ジョーは監督セブの強い個性に圧倒された。なんだか悪い予感がする…。

上役にご用心 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
テイマーは大手新聞社の役員秘書。美人で有能という評判の彼女も過去のあやまちから社内恋愛は絶対しないと固く誓いをたてている。ある日突然、会社が吸収合併されて新しい上司がやってきた。“ドラゴン・マン”と異名をとるダーガン・カーマイケルは、情け容赦のない経営と名うてのプレボーイとして知られる有名人。おまけに初対面のテイマーを掃除に来たと間違える始末だ。第一印象こそ最悪だったものの、ダーガンの仕事ぶりや心遣いにテイマーも次第に心惹かれていく。でも、“社内恋愛厳禁”という自分の主義は絶対に曲げたくない。とはいえ、このままダーガンのそばにいると決意も揺らいで…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウェルズ,アンジェラ
学校卒業後、エキサイティングなロンドンの広告業界に身を置き、キャリアを積んだ。同僚と結婚し、男の子が一人。しばらくは育児に専念したが、趣味として小説を書き、これが作家としての出発点となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

近くて遠い人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャシーは妻ある上司への思いを断ち切ろうと会社をやめた。ちょうどそのころ、クォントラル産業会長秘書の求人広告を目にし、彼女はすぐに応募書類を郵送した。そして二度の面接試験にもパスし、入社してから二週間がたつ。もっとも会長自身は出張中とかで、まだ一度も会ってはいないが。いよいよ今日はその会長に会える―そう思ってキャシーは気負いこんで出社した。ところが、会長は彼女が新しい秘書だと知るや否や、「なんてことだ!」とたたきつけるようなひと言だけを残し、部屋から出ていってしまった…。

内容(「MARC」データベースより)
キャシーは妻ある上司への思いを断ち切るため会社を辞めた。新しい職、会長秘書となって2週間。やっと会長に会えると思ったが、会長は彼女が秘書だと知ると「なんてことだ!」と言い、部屋から出て行ってしまった。

復讐は甘く (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エミリーは愛情の薄い銀行家の家庭に育ち、二十歳を迎えた今、父親の銀行に勤める男性と結婚しようとしていた。婚約披露パーティの夜、彼女は自宅の温室で思いがけずルークと出会った。ルークは血のつながらない又従兄で、十歳の時に母親を亡くし、エミリーの家に引き取られたが、彼女の一家を露骨に憎んでいた。四年前、エミリーは彼に夢中になったが、すげなく拒絶されたのだった。彼女がルークと言い合っている時、温室に婚約者と姉が入ってきて、信じられない会話を交わした。なんとエミリーの婚約者は姉と恋仲だったのだ。「僕と付き合っていたことにして、婚約を解消すればいい」ルークは屈辱に震えるエミリーに解決策を持ちかけ、唇を寄せてきた。それが復讐の始まりだとも知らず、エミリーは彼のキスに応えていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ローレンス,キム
イギリスの作家。ウェールズ北西部のアングルジー島の農場に住む。毎日三キロほどのジョギングでリフレッシュし、執筆のインスピレーションを得ている。夫と元気な男の子が二人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

イブのりんご (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブレイクと私が結婚?冗談じゃないわ!そりゃあ彼は有能なパートナーで、親友とすら思っているけど。だって両親も親友同士だし、私たち昔は一緒にお風呂に入ったこともあるのよ。今さら結婚なんて考えられないわ―幼なじみとの縁談を笑いとばしていたジアンナだったが、絶世の美女ミーガンの出現に、事態は思わぬ方向に展開した。今まで女性にほとんど興味を持たなかったブレイクが、ミーガンにはすっかり夢中になってしまったらしい。喜んでいいはずのジアンナの心は、にわかに波立った。こんなつもりじゃなかったのに…。

結婚の意味 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
弁護士のリゼットは、新しいクライアントに会った瞬間、ショックを受け、自分が無防備な小動物になったように思った。まさか、あのジェイク・ホリングスワースが…信じられない。三年前に初めて会った時、彼は敵愾心をむきだしにした。家が貧しくてレストランでアルバイトしていたリゼットは、そこでジェイクの父アダムに出会い、やがて請われて結婚したのだ。アダムは不治の病にかかって、余命いくばくもなく、経済的な援助を条件とした契約結婚だった。他界したアダムの遺産の権利を放棄したにもかかわらず、ジェイクの態度は和らがなかった。彼は当時と少しも変わっていない。

内容(「MARC」データベースより)
弁護士のリゼットは新しいクライアントに会った瞬間にショックを受けた。彼はリゼットが以前、経済的な援助を受けるという条件で契約結婚したアダムの息子ジェイクだった。リゼットは間もなく他界したアダムの遺産を放棄したが、ジェイクの態度は冷たかった。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

情熱の罠 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十一歳の誕生日の夜、女友達とはしゃいで遅くなったベラは、車で一方通行の道を間違って走り、高級車に正面衝突した。壊れたブガッティから現れたのは息をのむほど魅力的な男性、有名な銀行家のリコ・ダ・シルヴァだった。彼はさんざんベラを非難し、ひどく侮蔑した。服装から売春婦ときめつけられ、彼女は悲しかった。生い立ちは不幸だし、今も貧しいが、そんな女ではない。ところが次の日、車の保険が更新されていないことを知り、ベラは打ちのめされた。しかたなく彼女は銀行にリコを訪ねる。そして、彼がボディーガードを解いた一瞬の隙に、二人は大銀行家を狙っていた誘拐犯に地下駐車場から連れ去られた。彼と二人きり、頑丈なコンテナに閉じ込められてしまったことから…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。十代のころからロマンス小説の熱烈な読者だった。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。現在三人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

偽りの恋人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
レイチェルがニコレット大学に勤め始めて、はや四カ月。つらい経験をして以来、恋愛への興味はゼロだ。なのに恋人の斡旋をしようとする外野がうるさくてかなわない。私は恋人なんてほしくないのに!だが仕事帰り、雨宿りに飛び込んだアイスクリーム店でまさか理想の恋人に出会えるとは思わなかった。その男性は自由を満喫しているハンサムなパイロットで、結婚、結婚と騒ぎ立てるきょうだいたちをどうしたら黙らせることができるか考えあぐねていると言う。もし私達が恋人同士のふりをしたら…お節介をやかれずにすむ!交渉はただちにまとまった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マイケルズ,レイ
ハッピーエンドの物語が好きで、子供のころ読んだ本の結末に満足できず、自分で書こうと心に決めた。そして、いつか小説を書きたいという夢を胸に、まず堅実に、新聞記者で生計を立てようと考えた。ところが、その仕事がうまくいかず、結局、ロマンス小説家だけが書けるハッピーエンドの物語を書くようになった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

夢に流れて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジーンは誕生日に兄からヨーロッパ旅行をプレゼントされ、スペイン、フランスを回って、念願のイギリスにやってきた。舞台女優を目指すジーンにとって、イギリスはあこがれの地。まずロンドンを巡ったあと、シェークスピアの生誕地へ向かうが、その途中、運悪く車がパンクしてしまう。立ち往生するジーンの前に、後続の車から一人の男性が降り立った。自信に満ちた物腰、男性的な魅力―ジーンは不安に駆られた。どこかで会った気がするけれど、でもいったいどこで?彼のほうは気づいた様子もなく、強引に誘いをかけてきて…グレイ・コールドウェルとの度重なる出会いはまさに運命だった。

内容(「MARC」データベースより)
ジーンは誕生日に兄からヨーロッパ旅行をプレゼントされ、念願のイギリスにやってきた。シェークスピアの生誕地へ向かう途中、車がパンクしてしまう。後続車から降り立ったのは魅力的な男性。どこかで会った気がするけれど…。

愛しい人と眠る夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャロラインはナニーとして二年間、エイムズベリー家で働いた。しかし、それももう終わり。一家が引っ越すことになったためだ。あと数週間で彼女には仕事も、住むところもなくなる。そんなとき、新しい仕事の話が舞い込んだ。ある裕福な実業家がすぐに仕事につけるナニーを探しているという。だが相手の名をきき、彼女は呆然とした―マシュー・キャラン。数年前憎しみと軽蔑に満ちあふれた顔で、別れを告げられた相手だ。そしてナニーが必要な子供は、キャロライン自身の娘に違いない。産んでから一度も、この腕に抱くことさえできなかった娘。娘の顔が見たい。キャロラインの心は揺れる。今の彼女は名前も変え、整形手術をしたため見かけは別人のようだ。きっとマシューにはわからない。キャロラインは決意した…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウィルキンソン,リー
イングランド中部ノッティンガム生まれ。学校を卒業後、水着モデルなどいくつかの仕事を経験する。二十二歳で結婚。短編や雑誌の連載小説から執筆活動を始めた。現在、ダービーシャーの村にある由緒あるコテージに住んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {高収入バイト情報} {GOGO!江戸川区!} {千葉の印刷なら千代田印刷} {美容外科} {電子たばこ} {東京ぶらぶら} {アキバ中毒のページ} {墨田区紀行} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東紀行} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {鶯谷・うぐいすだに} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}

oooアイスが食べたいお年頃@千葉ooo 木更津市をもっと知りたい.com!ooo キャンプに行ってみよう!@千葉ooo パソコン.コレクションooo 美容.コレクションooo ジムジムフィットネス@千葉市ooo 千葉の事。ooo おやじの聖地、のんべえの街、新橋ooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo 千葉の梨園・梨狩り万歳ooo 山手線エリア 珈琲~Coffee~ooo メイドの土産.comooo ~品川の街~ooo 千葉野菜王国ooo ばばっばっ!ばばぁ~馬場の丸撮り~♪ooo ショッピング 検索ooo 台東クラブooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo スーパーシガレット/SuperCigaretteooo 観葉植物に囲まれてecoライフin千葉ooo