ハーレクイン・クラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

二重生活 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
今日はリア・マソンの三十歳の誕生日だ。鏡の前に座って、しわの出始めた顔をしみじみと眺めながら、彼女は思いにふけった―ルイスの求婚を受ければ確かに平穏な生活は送れるだろう。でも、もう一度身を焦がすような恋をしたい。そのひそかな夢も諦めなければならないのだろうか…?リアには六歳になる双子の息子がいる。この三年間、リアは子供たちのために二つの生活を送ってきた。毎朝、マダム・マソンから、ミス・ダンカンに変身するのだ。ミス・ダンカンはジェイムズ・エベレットの有能な秘書だった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ネーピア,スーザン
バレンタインデー生まれ。生まれながらのロマンス小説家と言える。ニュージーランド、オークランドでジャーナリストとして出発。ハンサムな上司と結婚したのち小説の執筆を始める。現在は永遠のヒーローである夫と未来のヒーローである二人の息子、二匹の猫、コンピューターと暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

祭りの夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
南スペインで映画『危険な真夜中』のロケが行われていた。監督のセブ・コーベルは数々の賞を受賞した実力派で、スタッフも優秀なはずなのに、なぜか撮影中に事故が続発する。何人ものスタント・ガールが仕事をおり、結局、最高のプロであるジョーのところに破格のギャラで出演依頼がきた。彼女は本当は気が進まなかった。主演女優のアンナ・ベスと以前仕事をしたとき、いやな思いをさせられたからだ。だがジョーにはある事情があって、どうしても大金が必要だった。ロケ地に着いたとたん、ジョーは監督セブの強い個性に圧倒された。なんだか悪い予感がする…。

オランダの休日 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
孤児院で働く心優しいルーシーは、恵まれない子供たちの世話に生きがいを感じる毎日を送っている。けれども、世界中を駆け巡る活動的な両親と華やかで充実した生活をエンジョイする姉と妹に囲まれるとなんとなく居心地の悪い思いをするのも事実だ。そんなある日、重病の子供を連れて病院に行ったルーシーは担当医のドクター・サーロウに会って、一大決心をする―“どんなことをしても私はあの人と結婚してみせる”ところが、もともと引っ込み思案の上に初めての恋とあっては、ルーシーの思いは空回りするばかり…。

内容(「MARC」データベースより)
孤児院で働くルーシーは、恵まれない子供の世話に生きがいを感じて毎日を送っている。だが、華やかな姉妹や両親にかこまれるとなんとなく居心地が悪いのも事実だ。ある日、子供を病院につれていったルーシーはドクター・サーロウに会い、一大決心をする。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

楽園の憂鬱 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
大学卒業を間近に控えたアンナの前に、幼いころから恋い焦がれるダン・トーレンが四年ぶりに現れた。彼は作家として成功を収め、今はバハマの孤島で暮らしていた。急死したアンナの後見人、ギャビンの遺言によれば、息子のダンが後見人の役を引き継ぎ、アンナの面倒を見るという。初恋の人との再会で半ば自暴自棄になって体調を崩したアンナになぜかダンは好意を示し、自分の島で静養させようとする。四年前、あの別れの日にダンを愛する気持も捨てたはず。それに彼には奥さんと息子もいる―アンナは自分に言い聞かせた。ところが、ダンは彼女への熱い思いを隠そうとはしない。

早春の出会い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
咲き乱れる水仙、早春の陽光を浴びて輝く家々、豊かな大地の匂い。とうとうアシュドン・マグナ村にやってきたんだわ!ケリーの胸は期待と故郷に帰ったような安堵感でいっぱいになった。不慮の事故で亡くなった両親の遺品の中にあった一枚の絵葉書―それは十年前、父のまたいとこから出されたものだった。天涯孤独だと思っていたのに、私にもまだ身内がいるなんて…。矢も楯もたまらず、ケリーはカナダからイギリスへと飛んできた。葉書の住所をたよりにたどりついた石造りの豪邸、アシュドン屋敷。と、突然一人の男が現れて、ケリーの腕をつかみ叫んだ。「エレイン、どこに行ってたんだ!なぜ一言も言わずに!」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウェントワース,サリー
イギリス生まれでずっと生まれ故郷の町に住み、そこで結構し、子供は1人。作品の構想をたててから、執筆の前にいろいろ調べるのが、書く以上に好き。したがって背景として選んだ土地へは必ず足を運び、また自動車ラリーをテーマに選べば自分も参加しないではすまない性格である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

イブのりんご (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブレイクと私が結婚?冗談じゃないわ!そりゃあ彼は有能なパートナーで、親友とすら思っているけど。だって両親も親友同士だし、私たち昔は一緒にお風呂に入ったこともあるのよ。今さら結婚なんて考えられないわ―幼なじみとの縁談を笑いとばしていたジアンナだったが、絶世の美女ミーガンの出現に、事態は思わぬ方向に展開した。今まで女性にほとんど興味を持たなかったブレイクが、ミーガンにはすっかり夢中になってしまったらしい。喜んでいいはずのジアンナの心は、にわかに波立った。こんなつもりじゃなかったのに…。

始まりはウエディング (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
友人のパーティーでハニーはグレアムと言い争っていた。以前からグレアムはしつこく結婚を迫り、愛してもいない彼と結婚する気のないハニーはうんざりしていた。いくら断ってもあきらめないグレアムは、そのときもまた…そこへ、ベン・クレアモントという男性が現れ、ハニーをさりげなくパーティー会場から連れ出してくれた。静かなバーでベンは彼女の話を親身になって聞き、最初は警戒していたハニーもいつしか彼との会話を楽しんでいた。翌朝、ベンから電話で食事に誘われたハニーは、グレアムとの問題を解決する“完璧な”方法を提案された。しかし、それは彼女にとっては信じられない方法だった。グレアムから逃れるために、ベンと形式だけの結婚をするなんて…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ハミルトン,ダイアナ
イギリスの作家。夫との間に三人の子供がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛に震えて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
優しかった大切な母が末期の癌だという突然の知らせに、リーアンはとるものもとりあえず、飛行機に乗った。到着した空港には、義兄ディミートリが迎えに出ていた。リーアンが十代のとき、母がディミートリの父親と再婚したのだ。ハンサムで、大人の男性としての深い魅力を持つディミートリは、リーアンにとって憧れの人だった。彼女は夢中で追いかけた。だがある日、彼にすがってはっきり拒絶され、心底傷ついた。それ以来リーアンは家を出て、彼にはこれまで会っていなかった。二人で衰弱した母を見舞ったあと、ディミートリは言い出した―明日をも知れない母を喜ばせる方法は一つしかない、二人が偽装結婚をすることだ、と。彼には美しい恋人もいるのに。遺産問題が絡んでいるらしいと疑う間もなく、事態は急速に進んだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛は炎のように (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
サラは友人のパーティで夫ラファエルと五年ぶりに再会した。彼は今や世界に名をはせる気鋭の画家だが、サラが十八歳のとき旅先のパリで知り合ったころは無名で貧しかった。二人はたちまち激しい恋に落ちて結婚した。しかし二年後、ラファエルが冷酷で不実な夫であることをサラは思い知らされた。結婚に猛反対していたサラの両親は、ラファエルの浮気を理由に娘を夫から無理やり引き離した。当時妊娠していたサラは双子を産み、今まで懸命に育ててきた。夫は子供のことなどすっかり忘れているのだと思いながら。ところが、あと三ヵ月たてば五年の別居期間が終わり、離婚が成立するというとき、ラファエルが突然目の前に現れたのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。現在三人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

追いつかれた明日 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“ベニスのクレオパトラ”“世界でもまれな美女”“ベニスでいちばんエレガントな女性”リケッティ・ファッションハウスのデザイナー兼モデルとして国際的に活躍しているシンディ・マスターズはマスコミから、いくつも賛辞の代名詞を与えられていた。ひたすら美しく装い、優雅な笑みを振りまきながらも彼女の心の片隅は、いつもざわめきたっている。忘れたいと思い続けている光景と、一人の男…いつか、過去に追いつかれてしまうかもしれない。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウエストン,ソフィー
ロンドン生まれ。五歳のときから物語を書き始める。生来の旅好きで、健康を害したおり回復を願って最初のロマンス小説を書くが、旅にはもう出られないと思っていた。だがそれは間違いだったようで、今にいたるまで大いに旅を楽しんできた。最近は都心に二匹の猫と暮らし、さくらんぼの木を植えて楽しんでいる。そして世界を旅して、物語の題材を探すことも忘れない(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {高収入バイト情報} {GOGO!江戸川区!} {千葉の印刷なら千代田印刷} {美容外科} {電子たばこ} {東京ぶらぶら} {アキバ中毒のページ} {墨田区紀行} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東紀行} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {鶯谷・うぐいすだに} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}
{推理物.com} {三国志・西遊記}

ooo千葉市のプール一覧ooo Simple Smoker(シンプルスモーカー)ooo 千葉っ子の初詣情報!!ooo -うぐいす谷Guide-ooo AKIBA-JUNKooo ぎょうざ@千葉ooo 千葉県南房総 館山市.COMooo 山手線エリア~銭湯~ooo デパチバ.com ~千葉にもあるよデーパート集~ooo ハロー!江東区!ooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo 寿司喰いねぇ~!ooo 山手線エリア~こだわり専門店~ooo 葛飾区を知れ!ooo ビジネス.コレクションooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo ライズスモーカーooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo 下町感溢れる足立区を調べるooo あまーい千葉スイーツタワーooo